Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
人を喜ばせようと常に気を遣っている大学生
<使用バッチフラワー>
ウィロウ、セントーリー、オリーブ、ウォルナット
<キーワード>

人を喜ばせようと常に気を遣っている大学生。クラスでも、バイト先でも、何かと周りに気を配り、何でもやってあげようと、気の休まることがありません。そんな彼女に対して、周りもいろいろ頼み事をしてくるようになり、彼女は、だんだん、疲れ切ってきてしまいました。自分を主張することもできないままでしたが、自分が利用されているようで、腹が立ってきたのですが、それも率直に言えず、ストレスをつのらせていました。

彼女には、被害者的な憤りから解放されるようウィロウ、自分を主張し人との境界線が明確に出来るようセントーリー、体のエネルギーも取り戻せるようにオリーブ、周りから自分自身を守れるようにウォルナットが選ばれました。すると、気持ちが、楽になり、彼女の雰囲気が変わった為か、なぜか頼み事をしてくる人も、少なくなってきました。自分の責任ではないことは、やらなくても良いのだと信じられるようになり、大学生活や、バイトを楽しめるようになりました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索