Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
定年退職をした70代男性
<使用バッチフラワー>
ゴース、クラブアップル、スターオブベツレヘム、ウォルナット、ミムラス
<キーワード>

定年退職をした70代男性。健康診断で直腸癌を宣告され、人工肛門をつける手術を受けました。退院して帰宅した後、自分の体の状態が以前と異なり、すっかり絶望的になっています。以前は社交的だったのが、外出を拒むようになり、自分自身が汚れているように感じています。また「もう自分の人生は終わりだ、なぜ俺がこんな目にあわなければならないんだ。」と腹立たしそうに言うこともままあります。

彼には、希望を持てるようにゴース、自分の状態を受け入れられるようクラブアップル、病気と手術のショックに対してスターオブベツレヘム、変化に適応できるようにウォルナット、病気や外出に対する不安がなくなるようにミムラスが選ばれました。1ヶ月ほどして、また元気に外出ができるようになった、しばらく使い続けたいとの連絡がありました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索