Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
接骨院を開業する30代男性
<使用バッチフラワー>
インパチェンス、チェリープラム、スイートチェストナット、ミムラス、ホリー、リカバリー(レスキュー)
<キーワード>

接骨院を開業する30代男性。過度の精神的ストレスから、死ぬことを考えるほどのひどい蕁麻疹の後、20kg体重が減り、甲状腺機能亢進症と診断を受け、多量の投薬を受けました。いつもイライラしており、いろいろ考えても答えが見つからず、光の見えない不安で孤独な状態で、また特定の患者に対しての怒りにも苦しんでいました。

病気や様々なことへの苛立ちが安らぐようにインパチェンス、自分を制御不能と感じていたためチェリープラム、どん底の苦悩に希望がもてるようスイートチェストナット、すぐに不安になることにミムラス、患者への怒りが楽になるようにホリーをとりました。また、特につらい時は、レスキューレメディもプラスして飲んでいました。その結果、精神的に安定し、薬も必要がなくなりました。数年たった現在も病気は再発することなく、心身共に元気に仕事をし、温かく勇気づけられる雰囲気を患者さんに提供しています。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索