Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
20代女性OL
<使用バッチフラワー>
ロックローズ、アスペン、クラブアップル、ミムラス
<キーワード>

20代女性OL。受付を担当しているため、人の前に出ることが多いのですが、ストレスが高じてきて、誰かの前で仕事をしたり、字を書いたりする時に手が震えるようになりました。そのため会社に行きづらくなり、また、怖い夢を見て、心臓がドキドキし、汗をびっしょりかいた状態で、泣きながら、起きることもありました。漠然とした不安も抱え、自分のことも好きになれないとも言います。強い恐怖を感じることにロックローズ、漠然とした不安にアスペン、自分が好きになれないことにクラブアップル、具体的な恐れにミムラスが選ばれました。2週間後には、怖い夢を見なくなり、また3週間後には、人目が気にならなくなり、明るい表情で、前向きな言葉を口にするようになりました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索