Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
20代女性OL
<使用バッチフラワー>
スターオブベツレヘム、パイン、オリーブ
<キーワード>

20代女性OL。PTSDによるパニック障害と診断されています。自分の目の前で2年前に母親が倒れて亡くなりました。自分は何も出来なかったと自分を責め、ショックで仕事も手に付かず、夜も眠れない日々が続きました。会社を休むことも多くなっています。

彼女が平安な心を取り戻せるようにスターオブベツレヘム、自分を責めずに許すことができるようにパイン、眠れずに疲労困憊していることからオリーブを勧めました。その後、徐々に彼女は心の落ち着きを取り戻し、自分を許せるようになり、夜も眠れるようになってきました。バッチフラワーもこれらの3種類を中心に、その時の状態に合わせて少しずつ変えながら摂るようにしたところ、半年後には、落ち着いて日々を過ごせるようになりました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索