Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
20代後半の主婦
<使用バッチフラワー>
アスペン、ウォルナット、ウォーターバイオレット
<キーワード>

20代後半の主婦。結婚をし、新しい土地に引っ越して半年。なかなか馴染めず、近所との付き合いなどを負担に感じています。自分がよそ者のように思われているのではないかと感じてしまうこともありました。

そのため、必要がない限り、外には出かけないようにしていました。ところが、日中一人で家にいると、家の中で、何かお化けのような霊のようなものを見るようになりました。はっきりと見えるわけではないのですが、ふと振り向くと、誰かがそこにいるような恐怖感やゾーッとするような感覚に悩まされるようになったのです。彼女には、その霊的なことに対する恐れの気持ちが楽になるようにアスペン、新しい土地に適応できるようにウォルナット、人との付き合いを楽しむことも出来るようにウォーターバイオレットが選ばれました。

すると、徐々に外に出かけていろいろな楽しみを持つことができるようになり、霊的なことは全く気にならなくなりました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索