Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
20代後半主婦
<使用バッチフラワー>
レッドチェストナット、ホワイトチェストナット、スターオブベツレヘム
<キーワード>

20代後半主婦。小学校低学年の娘が一人いて、始終風邪をひかないか、おなかが痛くなっていないか、先生に怒られたりしていないかと心配で落ち着きません。娘の良くない状態ばかり想像し、頭から離れることなく、疲れてしまい、その上、身体全体の痛みも訴えていました。娘について心配しすぎることにレッドチェストナット、万事において過度に不安になってしまうことにホワイトチェストナット、心身のショック状態にスターオブベツレヘムが選ばれました。3日目には、平静な心を取り戻し、2ヶ月間同じバッチフラワーをとることで、心身共に穏やかな日々を過ごすことができるようになりました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索