Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代の男性会社員
<使用バッチフラワー>
セントーリー、オリーブ、エルム、ミムラス
<キーワード>

30代の男性会社員。会社の上司が権威的なタイプで、いつも高圧的に仕事を頼んでくるのに対して、自分の意見も言えないまま、言うなりになっていました。しかし、だんだん仕事も増え、ストレスもたまるようになり、体は過労で疲れ、自信もなくなり落ち込むようになりました。休日も、そんな状態で、どこにも行く気も起きず、このままでは病気になると不安感を感じていました。

彼に対しては、自己主張ができるようにセントーリー、過労による疲労感にオリーブ、仕事の重責感が楽になるようにエルム、不安感が和らげられ勇気を持てるようにミムラスが選ばれました。

それを1週間程とったところ、気力が回復し、また、上司にも勇気を持って意見を言ったり、状況に応じて無理なことは断ったりできるようになりました。また、上司も以前より気を遣って、仕事の分担に配慮を見せてくれるようにもなったとのことです。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索