Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代主婦
<使用バッチフラワー>
ホーンビーム、ホリー、ウィロウ、スターオブベツレヘム
<キーワード>

30代主婦。ある時から家事も人に会うことも、すべて面倒に感じるようになりました。前は不快な感情を我慢できていたのに、抑えておくことが出来ず、夫に怒りをぶつけ、言い争いを重ねるようにもなりました。夫が理解を示してくれない怒りや悲しみや恨みと共に、無気力な感情に襲われ、身体的にも頭痛、胃痛、体の痛みやこわばりに苦しんでいました。

彼女に気力が戻るようにホーンビーム、怒りの感情が安らぐようにホリー、被害者的な憤りにが落ち着くようウィロウ、ショックが癒されるようにスターオブベツレヘムが選ばれました。10日後ぐらいから良い変化が見られるようになり、その後この4種を中心にバッチフラワーの組み合わせを変えながらとり、夫の理解も得られるようになり、次第に、心身共に健康や穏やかさを取り戻しました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索