Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代主婦
<使用バッチフラワー>
ヘザー、ワイルドローズ、クラブアップル
<キーワード>

30代主婦。2児の母親。育児ノイローゼになってからというもの、子供と昼間家にいるのをつらく感じるようになりました。会社にいる夫や友人に電話をしては2時間も3時間も自分の状態を話し続けることもしばしばでした。もともと社交的な明るい性格で、華やかで充実したOL時代を終え、結婚退職をしましたが、自分にとって生きがいの感じられないむなしさに悩まされるようになっていたのです。また、仕事もできず、育児も満足にできない自分は価値がないと自己嫌悪の感情にも苦しんでいました。

彼女には、自分のことばかり気持ちが向いてしまう苦しさや孤独感が和らぐようにヘザー、無価値感やむなしさにワイルドローズ、自分を肯定出来るようにクラブアップルが選ばれました。数日すると電話をしなくても落ち着いていられるようになり、気持ちも徐々に楽になっていきました。現在では子供も成長し、社交性を発揮できるぴったりの仕事で活躍しています。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索