Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代主婦
<使用バッチフラワー>
ホワイトチェストナット、クラブアップル、アグリモニー
<キーワード>

30代主婦。2歳の娘が通う幼稚園での、お母さんたち同士の付き合いを苦手に感じていました。一緒に帰りにお茶をしに行くことなども多いのですが、明るく振る舞いつつも、本当は何を話して良いのかわからなくなってしまっています。家に帰ってくると、「あれは話すべきでなかった。」「こんなことを言ってどう思われただろう。」「次回は、何を話そう。」などと、頭の中で、その日あったことを反芻しては自己嫌悪に陥り、また、次の時のことをシュミレーションしては不安になっていました。

彼女には、思考が休まりリラックスできるようホワイトチェストナット、自分をありのままで受け入れられるようクラブアップル、自然体でいられるようにアグリモニーが選ばれました。その結果、1ヶ月ほどで、周りの目が気にならなくなり、無理をすることも、頭の中でいろいろ心配することもずっと少なくなりました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索