Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代女性保育士
<使用バッチフラワー>
ウォーターバイオレット、ホリー、ホーンビーム、チェリープラム
<キーワード>

30代女性保育士。以前は友人もたくさんいたのに、2年前に今の職場に就職してから、同僚と関わるのがとても億劫になりました。仕事の性質上、コミュニケーションが大切だとわかっているのですが、楽しそうな同僚達を羨みつつも、できれば一人でいたいと思ってしまいます。そんなストレスから、やる気が落ちており仕事も進まず、家に帰るとおなかがいっぱいでもやたらと食べてしまったりします。

彼女には、周りとの関わりが楽に感じられるようにウォーターバイオレット、人が羨ましいことに対してホリー、やる気が出るようにホーンビーム、過食をしてしまうことにチェリープラムを選びました。2ヶ月ほどで、彼女は他の人との関わりを抵抗なく大切にできるようになり、気持ちも落ち着き、ずっと元気になったとのことです。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索