Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代女性 主婦
<使用バッチフラワー>
オーク、セントーリー、オリーブ
<キーワード>

30代女性 主婦。3人いる子供のPTAの役員を始めとして、学校行事の役員や町内会の役員も引き受け、多数をこなしています。もともと頼られることは嫌いではなく、自分自身がどんなに疲れていても頼まれると断れず頑張ってしまいます。しかし、最近は疲れ果てているし、役員の仕事内容にしても、あまりにも頼まれることが多すぎると感じています。家族との時間も十分にとろうとしていますが、やらなければいけないことが多すぎて時間がなかなかとれないのです。

彼女には、自分自身を無視して我慢強く頑張ってしまうことにオーク、無理なときには、はっきりNOと言えるようにセントーリー、心身共に活力を取り戻すためにオリーブを選びました。その後彼女は、自分のペースを守りながらできることと無理なことを選んで、相手に伝えたり、作業を役員以外の人に任せたりもできるようになりました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索