Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代女性
<使用バッチフラワー>
オリーブ、クラブアップル、エマージェンシークリーム、リカバリー(レスキュー)
<キーワード>

30代女性。35歳で初産。妊娠初期のつわりや体のしんどさには、オリーブやクラブアップルを用い、胃の辺りにクリームを塗って、ずいぶん楽になりました。実際の出産時には、バッチフラワーのセットを分娩室に持ち込み、その都度必要なバッチフラワーをとりながら、出産に望みました。

レスキューレメディやオリーブなどが、助けになり、出産後は「思っていたよりも楽だった」と思えました。産後の回復がめざましく、医師から「君は基礎体力がある」と言われましたが、これはオリーブのおかげと思っているとのことです。ちなみに、生まれたお嬢さんも初の沐浴時から、レスキューレメディ、オリーブ、クラブアップルなどを入れていたら、看護士も驚くほど早くへその緒がとれ、精神的にも安定しているとのことです。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索