Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代女性
<使用バッチフラワー>
ラーチ、クラブアップル、パイン
<キーワード>

30代女性。看護士。20代後半になってから、OLから、看護学校に入学を決めました。人の役に立てる仕事をしたかったからです。しかし、実際に病院に就職してみて、現実の厳しさにさらされることが多く、ストレスを感じています。もともと自己評価がとても低く、いつも他の人と比較して生きてきたことが、ここへ来て表面化したように、日々の業務の中で自信を失い、自分を責めることが多いのです。

彼女には、自分にもっと自信をもてるようにラーチ、自分のことを受け入れることができるようにクラブアップル、自分がしていることを責めるのではなく評価出来るようにパインを選びました。大変な業務の中で、最初は自信がまったくなかったのが、他のバッチフラワーも調整しながら、今では仕事にも慣れて自分のことを認め、後輩の指導もするようになっています。もし、バッチフラワーがなかったら自分は今頃ここにはいなかっただろうと彼女は言っています。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索