Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代女性
<使用バッチフラワー>
ゴース、スイートチェストナット、スターオブベツレヘム、アスペン
<キーワード>

30代女性。子供の頃から、親からの虐待などの多くのトラウマを受けて育ってきました。「人生に全く希望がもてず、未来や将来のことなど考えるのも恐ろしい、この状態を耐えながら、自分を押し殺して生きていくしかないのだと思っている。」と重い口調で話しました。悲しみや絶望感、漠然とした恐怖感などが常に自分の中にあると言います。

彼女には、人生に希望がもたらせるようにゴース、今のつらさから光を見いだせるようにスイートチェストナット、これまでのトラウマが癒されるようにスターオブベツレヘム、漠然とした不安が消えるようアスペンを選びました。彼女は今でもその状態に合わせてバッチフラワーをとっています。ずっと朗らかに、冗談を言って笑うようになり、趣味や外出を楽しんだり、他の人とのコミュニケーションもとりやすくなってきています。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索