Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代独身男性会社員
<使用バッチフラワー>
クラブアップル、エルム、チェリープラム
<キーワード>

30代独身男性会社員。自他共に認める潔癖性だったのが、最近では役職について仕事量も増えプレッシャーを感じているせいか、強迫神経症とも言えるほどに、細かいことが気になってきてしまいました。出勤する前など、ガスを消したか、鍵を閉めたかなどが気になり、出かけてから何度も確認しに戻ってくるようなこともあります。

また、会社の業務では、書類の細かいところが気になり、何度も修正したり、提出してからも、また見返さずにいられなかったりと、自分自身でも、その衝動に苦しんでいました。彼には、細かいことを気にせず、もっと大らかに構えられるようにクラブアップル、仕事のプレッシャーが軽くなるようエルム、自分の理性と行動のバランスがとれるようにチェリープラムを選びました。徐々に、気持ちが楽になり、3週間後には、確認癖が完全になくなりました。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索