Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
30代男性会社員
<使用バッチフラワー>
パイン、ラーチ、クラブアップル、ロックウォーター
<キーワード>

30代男性会社員。彼は、仕事を完璧にやろうとし、ちょっとのミスでも、また他の人の失敗でも責任を感じて、謝り責任を負おうとしていました。「まだ努力が足りないんです。本当に申し訳なく思っています。」と彼は言います。また、他の人の素晴らしいところは認められるのに、自分の長所は、ひとつも思いつかないような所がありました。「私は頭も悪いし、今の仕事に自分の適性がないんです。」などと彼は自分を卑下する言葉を並べます。

彼には、自分を非難しているところに認めることができるようパイン、自分の能力に自信が持てるようにラーチ、自分のありのままを受け入れられるようにクラブアップル、完璧さを求めるよりリラックス出来るようロックウォーターを選びました。1週間ぐらいで自分が笑顔でいることが多いことに気づき、その後これらをメインにバッチフラワーを少しずつ変えながらとっていき、現在は仕事も変え、自分を責めることもなくなり、いきいきと自分の楽しみを追求しています。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索