Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
40代主婦
<使用バッチフラワー>
ロックウォーター、クラブアップル、レッドチェストナット、スターオブベツレヘム
<キーワード>

40代主婦。二児の母親。中学生の長女が万引きで補導されてしまいました。もともと自分は真面目で潔癖な性格で、しつけも厳しくしてきたし、それが愛情だと信じてもいました。子供が補導されるなど、今まで考えたこともありませんでした。この先、長女がどうなってしまうのだろうと心配で仕方がありません。

彼女には心の幅を持ってもらうためにロックウォーター、潔癖すぎることに対してクラブアップル、子供の問題に心配しすぎることに対しレッドチェストナット、その出来事についてのショックを緩めるようスターオブベツレヘムを選びました。バッチフラワーを飲んで、2週間ほどたつと、子供の万引きには自分自身にも問題があったことに気づき、娘に対してもっと長い目で見守ろうと思えるようになりました。前よりも家族で話し合ったり、遊びに行ったりもするようになり、家族の絆も、このことをきっかけに深くなったとのことでした。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索