Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
50代主婦
<使用バッチフラワー>
リカバリー(レスキュー)、ゴース、スイートチェストナット、ウィロウ
<キーワード>

50代主婦。肝臓癌を告知され、救いのない深く暗い闇に陥ったように、絶望感と「なぜ私だけが」という怒りを感じ、家に引きこもりがちでした。自殺をも考えた激しいショック、恐怖を伴う不安が和らぐようにレスキューレメディ、深い絶望感と悲しみから、希望がもてるようにゴースとスイートチェストナット、癌への嫌悪感や自己憐憫の感情を伴う憤りから解放されるようにウィロウのバッチフラワーが選ばれました。飲み始めて2日目には、主治医に「心の中を去来する様々な張りつめた感情がゆるみ、手術は怖いけれど、もう一度の人生を考える気持ちになりました。」と話し、1ヶ月後に手術を受けました。その後、必要なバッチフラワーをとりながら、数年たった今も元気に明るく過ごしています。持病だった糖尿病、腰痛症なども、軽くなっているとのことです。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索