Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。
80代女性
<使用バッチフラワー>
ヘザー、ハニーサックル
<キーワード>

80代女性。最近、家族や近所の人に対して、自分の話を何度も繰り返してすることが多くなりました。話の内容は、昔の思い出話や、自分の体調に関することがほとんどです。体調について話すときは、今日は腰が痛い、鼻水が出る、上唇がひび割れてしまったなど、多岐にわたり、詳しい説明をするようなところがあります。また、若かった頃や子供時代の話は、本当に懐かしそうに周りの人が話をリピート出来るぐらいに繰り返してしています。

彼女には、自分のこと以外にも興味を向けることができるようにヘザー、過去の思い出に浸っていることから今の生活にも気持ちが向けられるようにハニーサックルを選びました。すると、「あなたはどう?」とか「お元気?」などと相手のことも聞くようになり、会話がはずむようになったことで、以前より人生を楽しんで生きているようです。「80過ぎても人は変わることができるんですね。」と家族も喜んでいます。

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索