Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。

30代女性

30代女性。派遣で会社勤務。子どもの時から、周りの人の感情に敏感だったのが、最近はそれが更に強く感じられるようになりました。近くにいる人が怒っていると、自分もイライラしてきたり、相手が落ち込んでいると自分も気持ちが滅入ってきて、後々まで重たい気分になってしまいます。今の仕……

50代主婦

50代主婦。肝臓癌を告知され、救いのない深く暗い闇に陥ったように、絶望感と「なぜ私だけが」という怒りを感じ、家に引きこもりがちでした。自殺をも考えた激しいショック、恐怖を伴う不安が和らぐようにレスキューレメディ、深い絶望感と悲しみから、希望がもてるようにゴースとスイートチ……

20代女性OL

20代女性OL。PTSDによるパニック障害と診断されています。自分の目の前で2年前に母親が倒れて亡くなりました。自分は何も出来なかったと自分を責め、ショックで仕事も手に付かず、夜も眠れない日々が続きました。会社を休むことも多くなっています。

45歳男性

45歳男性。胃癌が脳や脊髄などに転移。医師から「あんたはもう死ぬ。助からないよ。」と言われ、大変ショックを受け、強い怒りを感じています。普段と違い混乱し、呼吸が荒く、目の焦点が合っていない、また身体的にも疲れ果てているような状態でした。

接骨院を開業する30代男性

接骨院を開業する30代男性。過度の精神的ストレスから、死ぬことを考えるほどのひどい蕁麻疹の後、20kg体重が減り、甲状腺機能亢進症と診断を受け、多量の投薬を受けました。いつもイライラしており、いろいろ考えても答えが見つからず、光の見えない不安で孤独な状態で、また特定の患者……

30代主婦

30代主婦。ある時から家事も人に会うことも、すべて面倒に感じるようになりました。前は不快な感情を我慢できていたのに、抑えておくことが出来ず、夫に怒りをぶつけ、言い争いを重ねるようにもなりました。夫が理解を示してくれない怒りや悲しみや恨みと共に、無気力な感情に襲われ、身体的……

20代ピアノ教師

20代ピアノ教師。中学生の時にいじめられた体験が忘れられず、今でもよく思い出すことがあります。今では、周りはいい人たちばかりで、その立場も尊重されているのですが、どうしても、時折、「あの人は、あの時こんなことをした。」とか「なぜそんなことをされたんだろう。」と怒りがわいて……

50代女性実業家

50代女性実業家。若い頃から、人に裏切られるような目に遭うことが多く、人を信じることができずに生きてきました。特に自分を裏切った者たちに対する憎悪の気持ちが、いまだに消えず、今だによく思い出しては、煮えたぎるような怒りをおぼえます。

……

30代主婦

30代主婦。2週間前に、夫が浮気をしていると言うことがわかり、動揺しています。「幸せな結婚生活を送っているつもりだったし、自分は夫に心から尽くしてきたつもりなのに、もう別れようと言われている。」と彼女は泣きながら話します。夫の相手の女性に怒りをおぼえ、夫のことがもはや信じ……

50代主婦

50代主婦。家族は夫と成人した子供が3人と義母。義母の介護を始めて3年になり、とうとう寝たきりになり、ほとんど1日中介護が必要な状態になりました。夫や夫の兄弟、子供達から、介護の支援はまったくないまま、彼女が一人で、孤軍奮闘しながら、介護と家事をこなしていますが、愚痴はこ……

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索