Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。

エインズワース・クリーム

癌の進行に伴い、右腕が利かなくなり、非常な痛みを伴ったため、クリームをつけてマッサージをしたところ、つけてしばらくの間は、痛みが和らいだ。痛みを直接直すものではなく、痛みに対する恐れを緩和し、精神的なリラックスをもたらすものという説明をしたが、その後は本人の意思で、痛みが……

50代会社社長

50代会社社長。豊かな才能に恵まれ、経営は順調だが、突然、不安感にさいなまれるようになりました。会社や社員や家庭を守るためとはいえ、心ならずも、自分のやり方に従うことを求め、威圧的、批判的に振る舞ってしまいます。そのような言動とは裏腹に、そんなことを続けていたら、周囲から……

20代女性OL

20代女性OL。受付を担当しているため、人の前に出ることが多いのですが、ストレスが高じてきて、誰かの前で仕事をしたり、字を書いたりする時に手が震えるようになりました。そのため会社に行きづらくなり、また、怖い夢を見て、心臓がドキドキし、汗をびっしょりかいた状態で、泣きながら……

45歳男性

45歳男性。胃癌が脳や脊髄などに転移。医師から「あんたはもう死ぬ。助からないよ。」と言われ、大変ショックを受け、強い怒りを感じています。普段と違い混乱し、呼吸が荒く、目の焦点が合っていない、また身体的にも疲れ果てているような状態でした。

40歳の男性管理職

40歳の男性管理職。新しい任務が与えられる度に、体が縮こまるような恐れを感じていました。自分の中に、前進することへの大きな抵抗があるようでした。カウンセリングの中で、彼の内面にどのような感情があるのかを考えました。すると、彼が学生時代、役員として関わった行事の企画が彼のし……

保育園に通う4歳の女児

保育園に通う4歳の女児。優しい性格ゆえか、保育園でも友達に強引に遊びに誘われたり、振り回されてしまうことがありました。それでも、意思表示をあまりしなかったため、だんだん友達の方もエスカレートしていき、時には叩かれたり、物を取られたりするようにもなってきました。「明日もいじ……

20代後半の主婦

20代後半の主婦。結婚をし、新しい土地に引っ越して半年。なかなか馴染めず、近所との付き合いなどを負担に感じています。自分がよそ者のように思われているのではないかと感じてしまうこともありました。

そのため、必要がない限り、外には出かけな……

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索