Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。

20代大学院生

20代大学院生。ある時期から、涙がこぼれ出すと止まらなくなり、自分でも理由がわからず困っていました。もともと明るい性格だし、人前でも泣いたこともなかったのですが、場所や時間を問わず急に悲しくなり涙が出てしまうようになりました。

彼女に……

40歳の男性管理職

40歳の男性管理職。新しい任務が与えられる度に、体が縮こまるような恐れを感じていました。自分の中に、前進することへの大きな抵抗があるようでした。カウンセリングの中で、彼の内面にどのような感情があるのかを考えました。すると、彼が学生時代、役員として関わった行事の企画が彼のし……

15歳男子中学生

15歳男子中学生。高校受験を1ヶ月後に控え、気持ちが不安定になっています。試験に合格することが出来るのかどうか学力に自信が持てず、つい周りと比較してしまい、試験日が近づいてくるのが怖くて仕方がないようです。勉強も集中できるときと、そうでないときの波があり、それがまた自信喪……

技術関係の会社に転職をした30代男性

技術関係の会社に転職をした30代男性。新しい会社では、覚えることがたくさんあるのに、相談出来る人がいません。もともと自分に自信があり、仕事をスピーディにこなせ、人に頼らずに独立独歩で頑張っていく方ですが、周りの仕事のペースにイライラさせられながら、仕事量が多く疲れがたまっ……

接骨院を開業する30代男性

接骨院を開業する30代男性。過度の精神的ストレスから、死ぬことを考えるほどのひどい蕁麻疹の後、20kg体重が減り、甲状腺機能亢進症と診断を受け、多量の投薬を受けました。いつもイライラしており、いろいろ考えても答えが見つからず、光の見えない不安で孤独な状態で、また特定の患者……

30代女性

30代女性。子供の頃から、親からの虐待などの多くのトラウマを受けて育ってきました。「人生に全く希望がもてず、未来や将来のことなど考えるのも恐ろしい、この状態を耐えながら、自分を押し殺して生きていくしかないのだと思っている。」と重い口調で話しました。悲しみや絶望感、漠然とし……

定年退職をした70代男性

定年退職をした70代男性。健康診断で直腸癌を宣告され、人工肛門をつける手術を受けました。退院して帰宅した後、自分の体の状態が以前と異なり、すっかり絶望的になっています。以前は社交的だったのが、外出を拒むようになり、自分自身が汚れているように感じています。また「もう自分の人……

20代女性

20代女性。精神科に通い投薬を受けながら、バッチフラワーを飲み始めて2年になります。ずっと順調に回復を見せていたのですが、時折何か出来事があったりすると、自分の病気は、また悪くなってしまうのではないか、この症状は、悪化の兆候なのではないかと心配し、懐疑的になります。そうな……

20代OL

20代OL。3ヶ月前に、恋人と別れてから、今まで恋人と過ごしていた時間をもてあまし、自宅で、お菓子などの食べ物につい手が伸びるようになりました。一度食べ始めると、止まらなくなり、後で自分でも驚くほど食べてしまいます。自制心が働かなくなるように感じています。

10代男子大学生

10代男子大学生。テニス部に所属し、大会などで好成績を収めていました。普段は、練習に身が入るのですが、試合前になると、プレッシャーがかかり、「変にアドバイスを周りに求めてしまう」とのことでした。

その結果、人の意見に左右され、逆に自分……

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索