Loading Now

ページトップへ

ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの公認セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「こころセラピー」を提供しています。通常は、毎週 月・水・木・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。

30代男性会社員

30代男性会社員。彼は、仕事を完璧にやろうとし、ちょっとのミスでも、また他の人の失敗でも責任を感じて、謝り責任を負おうとしていました。「まだ努力が足りないんです。本当に申し訳なく思っています。」と彼は言います。また、他の人の素晴らしいところは認められるのに、自分の長所は、……

20代後半女性教師

20代後半女性教師。子供たちが恐ろしい事件に巻き込まれたり、世界で戦争や犯罪が絶えないことを嘆きながらも、最善を尽くしていました。ところが、努力しても望んでいた向上が得られないため、自分の力不足を痛感することが多く、闇の中のような苦しみを感じていたとのことです。ある朝、大……

30代女性

30代女性。35歳で初産。妊娠初期のつわりや体のしんどさには、オリーブやクラブアップルを用い、胃の辺りにクリームを塗って、ずいぶん楽になりました。実際の出産時には、バッチフラワーのセットを分娩室に持ち込み、その都度必要なバッチフラワーをとりながら、出産に望みました。

45歳男性

45歳男性。胃癌が脳や脊髄などに転移。医師から「あんたはもう死ぬ。助からないよ。」と言われ、大変ショックを受け、強い怒りを感じています。普段と違い混乱し、呼吸が荒く、目の焦点が合っていない、また身体的にも疲れ果てているような状態でした。

11歳の男子

11歳の男子。両親は共働き。3人兄弟の1番上。3歳の時から毎晩のようにおねしょをしています。日中は明るくひょうきん、親思いのよい子なのですが、おねしょだけは止まらず、もうすぐ修学旅行もあるので、何とかしたいと考えています。彼は家事をだいぶ手伝っており、両親が喧嘩をすること……

30代女性 主婦

30代女性 主婦。3人いる子供のPTAの役員を始めとして、学校行事の役員や町内会の役員も引き受け、多数をこなしています。もともと頼られることは嫌いではなく、自分自身がどんなに疲れていても頼まれると断れず頑張ってしまいます。しかし、最近は疲れ果てているし、役員の仕事内容にし……

30代主婦

30代主婦。結婚して8年。数ヶ月前から、とにかく気持ちが滅入って仕方がありません。朝起きて、空が晴れていても、どんより暗い色に見えてしまう程で、落ち込んでもう死んでしまいたいような気持ちに苦しんでいました。そして、そんな自分を責めてしまい、自分には価値がないと思い、疲れ切……

20代大学院生

20代大学院生。ある時期から、涙がこぼれ出すと止まらなくなり、自分でも理由がわからず困っていました。もともと明るい性格だし、人前でも泣いたこともなかったのですが、場所や時間を問わず急に悲しくなり涙が出てしまうようになりました。

彼女に……

40歳の男性管理職

40歳の男性管理職。新しい任務が与えられる度に、体が縮こまるような恐れを感じていました。自分の中に、前進することへの大きな抵抗があるようでした。カウンセリングの中で、彼の内面にどのような感情があるのかを考えました。すると、彼が学生時代、役員として関わった行事の企画が彼のし……

35歳の自営業男性

35歳の自営業男性。子供の時から、なぜかわからないけれど、イモムシや毛虫が大嫌いで、見ると飛びのくぐらい恐ろしく感じていました。そのために、イモムシや毛虫が怖くなくなるように、ミムラスを取り始めました。しばらくして、ある日、プランターの野菜をとっていると、妻に「あなた、そ……

Case ケース検索
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索