bachで癒やされたい
bachの先生になる

ページトップへ

フラワーレメディセンター
ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの認定セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「NLP&バッチフラワー外来」にてカウンセリングやコーチングを提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。その際に「NLP&バッチフラワー外来を希望」とお伝えいただけるとスムーズです。
突然のぎっくり腰の身動きがとれない痛みに
日本フラワーレメディセンター認定セラピスト
Laurent 優生様
<使用バッチフラワー>
<キーワード>

母 (60代女性、主婦) 家事中にぎっくり腰になり、痛みで身動きがとれなくなった。湿布は皮膚が荒れてしまうので貼れず、どうすればよいのかと連絡をうけた。リカバリーレメディを飲むこととリカバリーの湿布をするように伝えた。

洗面器にぬるま湯を入れ、リカバリーレメディを垂らしたものに、タオルを浸し軽く絞った後、腰にあて、横になり安静にしてもらった。すると、「翌朝には痛みもなく起きることができ、すっかり良くなった!」と連絡があった。1人暮らしのため、すぐに病院に行けない時にもセルフケアができるので重宝していること。今では、エマージェンシークリームも用途に合わせて使っていること。帰省したときに教えてくれました。

 

Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索