Loading Now

bachで癒やされたい
bachの先生になる

ページトップへ

フラワーレメディセンター
ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの認定セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「NLP&バッチフラワー外来」にてカウンセリングやコーチングを提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。その際に「NLP&バッチフラワー外来を希望」とお伝えいただけるとスムーズです。
20代ピアノ教師
<使用バッチフラワー>
ハニーサックル、スターオブベツレヘム、ウィロウ、ウォルナット
<キーワード>
bachflowerケース

20代ピアノ教師。中学生の時にいじめられた体験が忘れられず、今でもよく思い出すことがあります。今では、周りはいい人たちばかりで、その立場も尊重されているのですが、どうしても、時折、「あの人は、あの時こんなことをした。」とか「なぜそんなことをされたんだろう。」と怒りがわいてくることもあるのです。自分では、前を向いて生きようと思うのですが、その自分の意志に反して気持ちの方は、過去を向いていってしまうようです。

彼女が今を十分い生きられるようにハニーサックル、過去のいじめられたトラウマが癒されるようにスターオブベツレヘム、過去への怒りの気持ちも楽になるようにウィロウ、過去のしがらみから解放され新しい人生を前向きに生きられるようにウォルナットを選びました。2週間後には、「自分は前みたいに昔のことを考えていないようです。家族にも『表情が明るくなった。』と言われます。」と報告してくれました。

Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索