Loading Now

bachで癒やされたい
bachの先生になる

ページトップへ

フラワーレメディセンター
ベスリクリニック 薬に頼らない医療を東京神田の駅前で提供しているベスリクリニック(神経内科、心療内科、精神科)にて2014年9月より、日本フラワーレメディセンターの認定セラピストでバッチフラワーとNLPを活用した「NLP&バッチフラワー外来」にてカウンセリングやコーチングを提供しています。通常は、毎週 水・金・土曜日で、完全予約制となっています。
詳細や予約はクリックしてご確認ください。その際に「NLP&バッチフラワー外来を希望」とお伝えいただけるとスムーズです。
8歳男子
<使用バッチフラワー>
ロックローズ、ミムラス、ウォルナット、ロックウォーター
<キーワード>
bachflowerケース

8歳男子。学校へ行きたくないと言うようになり、10日ほど学校を休んでおり、行かせようとすると泣くほど嫌がります。友達とのトラブルがあったようで、朝になるとドキドキしてしまうと言います。学校では、一生懸命勉強に取り組む方で、友達がいじめられていたりしても敏感に感じてしまうような優しさのある子です。また、少しでも遅刻しそうになると学校へ行くのをやめてしまうことがありました。

彼と一緒に選んだバッチフラワーは、ドキドキして怖くなってしまうことにロックローズ、学校が怖く感じられたり友達のことにも敏感に感じてしまうことにミムラス、周囲の影響から自分を守れるようにウォルナット、きちんとやりたいと思うけれどそれが出来ないとストレスを感じることにロックウォーターです。自分でも喜んで飲み、「効き目出てきた」と言うようになりました。それから、3ヶ月ほどで、毎日学校に行き、学校生活を楽しめるようになりました。

Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索