Loading Now

bachで癒やされたい
bachの先生になる

ページトップへ

フラワーレメディセンター
フラワーレメディって何?
バッチ博士のフラワーレメディとは、
1930年代にイギリスの医師であり細菌学者・病理学者・ホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ博士(1886-1936)によって完成された心や感情のバランスを取り戻すための植物や岩清水から作られたシステムです。
フラワーレメディの特徴
全く副作用や害がなく、習慣性や依存性がないことです。
無害なため、多く飲んでも、たとえ間違って、バッチ博士のフラワーレメディを選んだとしても大丈夫です。
気軽に日常的なストレスや感情や精神のバランスをととのえるために、性格や習慣の改善にと使うことができます。
また、他の薬剤や治療法とも併用することができるのも大きな特長と言えます。
赤ちゃんからお年寄り、妊娠中、ペットや植物にも使うことができます。
バッチ博士について
このフラワーレメディを1935年に完成させたエドワード・バッチ博士(1886-1936)は、イギリスの高名な医師であり、細菌学者・病理学者・ホメオパシー医でもありました。
研究を続けるうちに、幼い頃から愛してやまなかった自然の中の植物に、人の心のバランスを取り戻したり、感情を癒す力があるということに気づいたのです。
最初のレメディを作った後、従来の治療法を放棄し、レメディだけによる治療と、さらに新しいレメディの発見に専念していきます。ロンドンで築いた地位や名誉も手放し、自然の中を放浪の旅を続けながら、試行錯誤を重ね、ついに38種類のレメディを完成させます。
Information お知らせ
2021.02
カラーテキストがリニューアルされました。
カラーテキストがリニューアルされました。
(内容はほぼ同じです)
バッグにも入るコンパクトなA5サイズで、バッチフラワーを使うためにも学びにも御活用いただけます。
2020.12
バッチフラワーマスターコースが開催されました
北海道や屋久島など離島の方達まで、37名の方達が、マスターコースを受講されました。
バッチフラワーという共通の話題と、これを人に伝えて世の中を良くしていきたいという共通の目的を持った、素敵なお仲間が増えました。

2020.04
新型コロナウィルスによる現在の状況に配慮しまして、当面のセミナーは、Zoomによるオンラインでの提供とさせていただきます。
ご自宅でライブで受講いただくシステムです。
オンラインベーシックコースとの違いは、下記の通りです。

Zoomのベーシック:
2日間で終了(場合によっては半分ずつ4日間)
他の受講生との交流ができる。
その場ですぐに質問や意見交換ができる。

オンラインベーシック:
自宅でご都合の良い時間に何度も学ぶことができる。
視聴期間 半年間で課題を3回提出。
2020.04
新しくベーシックを教える7人のティーチャーの方達が、新しく誕生しました。
不安やストレスを抱える方が、今の状況で多く見られる中、活躍が期待される素敵な先生達です。
2016.01
  • 6ヶ月間にわたって、何度でも動画視聴頂けます。
  • 沢山の美しい花や自然の写真と共に、白石 由利奈がレクチャーをし、視聴している間に理解が深まり、自然に自分や周囲の方に使えるようになります。
  • 3回の課題を提出してフィードバックを受けた時点でベーシックの修了証が送られます。
<特典として下記が付いてきます>
・カラーテキスト
・バッチフラワーBOOK
メールマガジン
バッチ博士の言葉
バッチ博士の言葉
© the Dr.Edward Bach Centre
バッチ博士の言葉はランダムに更新されます
Seminar フラワーレメディセミナー日程
Flower Remedies
38種類のフラワーレメディ
Case ケース検索